+弁護士便り+

俺たちの明日

お盆休みをいただいています。リオ・オリンピックの真っ最中ですね。
今日は卓球の水谷選手が3位決定戦を勝ち切り,見事に銅メダルを獲得しました。準決勝で中国の選手に敗れはしたのですが,この準決勝の戦いで水谷選手は大きく開花というか進化したのではないかと,素人ながら中高時代の卓球経験者として感じていました。強い敵に挑むことで,挑んだからこそ,持っている力が大きく開花するということがあるということを,改めて認識できた思いがしました。

さて,話は変わりますが,当事務所では,今年,これまでの事務所スペースのほか,隣室(103室)を大家さんにお願いして借り増しする形で拡張させていただきました。これまで,事務所のスペースがいささか手狭になりつつあり,何人かで打合せや相談などに来られた方々には,しばしば窮屈な思いをさせてしまうなど,心苦しく,ご負担をおかけしていたのですが,従前に比べてひとまずは改善できたように思われます。
このように事務所の拡張を皆様にご報告申し上げることができたことを機に,私個人としても事務所一同としても,これまで以上に,人と社会に少しでも役に立てるよう,皆様への感謝を忘れずに,更に職務に専心してまいります。

と更に話は変わりますが,“さあ,がんばろうぜ! オマエは今日もどこかで不器用にこの日々ときっと戦ってることだろう”というのは,「俺たちの明日」という歌(歌詞)の一節です。中高年の歌のようではありますが,世代を超えて若者にもファンが少なくないようです。特に現代の若者は年齢のわりに苦労しています。昔のように何も考えず突き進めばよいという時代状況にないことも影響しているかもしれませんね。
この歌詞について,何十年も生きて来ればもう“頑張る”という言葉しかないという気持ちが込めた詩だと紹介するサイトがあります。なるほどよくわかる気がします。ただ,勝手な解釈を加えさせていただくとすれば,これまで頑張ったことがあり,苦しくもがき続けた日々があるからこそ,何十年か生きたここに来て,改めて“頑張る”という言葉が出てくることもあるのではないでしょうか。身体も衰えを覚えて久しく,いつまでも若かりし昔のままではありません。けれど,まだまだ振り返るには早く,一息つくことがあったとしても,うかつに振り返りでもしようものなら足が止まってその場から動けなくなってしまいそうな思いの中,前を向いて足を上げないと…。そういう意味で,“頑張る”という言葉しかないのかもしれません。
なんだか中高年の嘆きのように見えたらごめんなさいですが,お盆休みにひとまず一息だけはつかせていただきなから,未来に向かって,不器用に,そして,
さあ,がんばろうぜ!

2016/08/12(Fri) 18:39:41 

25周年を迎えた仲間

先週,司法研修所卒業25周年の集まりがありました。

5年前に「20周年を迎えた仲間」というタイトルでこのホームページに書き込きました。あれから5年。司法研修所で修習した同期生が改めて集ったのですが,20年経っても25年経っても変わらずに「8組 外立憲和」ですね。あたりまえといえばそうなのですが,変わらないことだから意識できたり呼び起されたりして遭える人の思いというものがありますね。少なくとも人と電脳(PC)の違うところです。

昨日,修習同期生の弁護士仲間Y君の訃報に接しました。そんなに急いで逝くとは。以前は飯(お米)をよく食べ,お酒はにがてで,旅行に出かけてもチェックアウトに間に合わないほどトイレにもたつくもともとマイペースな男でした。呼び起される思い出があります。かけがえのない彼の物語を,ヘルマン・ヘッセ(1877-1962)の言葉を借りれば,重要で不滅で神聖な彼という人の物語を,自然の一投を,仲間のひとりとして自らの生に受け入れ,受け止めたいと思います。どうか安らかに。また遭いましょう。

2015/08/29(Sat) 20:46:47 

ねじの回転 (THE TURN OF THE SCREW)

夏真っ盛りです。
人に勧められてヘンリー・ジェイムス(1843-1916)を最近になって初めて読みました。アメリカの作家です。
楽しみ方その1→暑い夏といえば怪談という意味では幽霊(亡霊)が登場する物語であり,ちょっとした肝試しとして本を読む。
楽しみ方その2→本の描写手法を楽しむ。家庭教師の先生の視座から事実(真理)の一貫した描写が見られるが,周囲の人(たとえば朋輩のグロースさん)から見えている事実(真理)とのギャップが大きい。自分は真実を悟ったが自分の声が他人に届かない。私の世代でいうと,特に無垢に見えるが子供らしくない幼い子供(マイルズ)が登場人物として重要な働きをしていることも手助けして,オーメン(オカルト映画。こちらの子の役名はダミアンでした。養父だけがダミアンの本性を悟るのですが,ラストシーンで警官隊が突入し養父が撃たれてしまいます。)の描写におそらく多大な影響を与えたのではないかと推測してしまえるほどでした。
楽しみ方その3→兄ウィリアム・ジェイムス(1842-1910)との関係を想像してみる。兄ジェイムスは思想家・哲学者でプラグマティズムの主唱者として有名です。ヘンリー・ジェイムスはその弟ということで関心を持って本を読んだのですが,一見すると真理とかけ離れがちな幽霊談を,おそらくはあえて持ち出しつつ,人の意識の本性として生きることの前進・前傾性というか前のめりなさまを作家の立場で弟が兄をフォローしたかなぞったかのような対応ぶりで精密に真理を語ったかのが,まさしくTHE TURN OF THE SCREWというタイトルのようにも感じたのでした。そう,ぼくらはダイバー(KANA-BOON)ということ。「いま,わたしの恐ろしい試練はもちろん,不自然な,不愉快な方向に推し進められてはいるが,しかし結局,ただ一回転(ひねり)すればふつうの人間の美徳に変わるのだから,善い方の状態になるネジの一回転を,わたくしはあくまで追求していくべきだ。」とは,苦境の中で家庭教師の先生がつぶやくセリフです。パース以来,兄ジェイムスが深めた「意識の流れ」という人間の思考の実相をあくまで作家としてわかりやすく引き直しているようにも見えませんか?ジェイムス兄弟の生活歴やタイプの違いなどについて調べる余裕はないことですが,時空を超えて勝手に想像してみました。
夏本番。暑さはまだまだこれからです。楽しんでいきましょう。皆さんお元気で!

2015/08/01(Sat) 15:30:54 

  Next >